fc2ブログ

太古に乗ってサイハテの島へ~その16 野首へ

集落跡を恐る恐る抜けて港に戻る。
地面に転がっている甕が一瞬イノシシに見えて、再びビビった。

恐る恐る

やや日が差してきた。
少し期待したけど、日が差したのは一時だった。

港

港の片隅に若宮神社の跡があった。
石段を上ってみる。

鳥居

社殿は既に倒壊、御神体はどこかに移したのだろう。
主を失った狛犬が寂しそう。

若宮神社

狛犬君も連れて行ってあげれば良いのに。
サイハテの孤島で忠犬ハチ公のことを思い出した。

放置プレー

案内矢印に従って自然学塾村へ行く。

案内板 

土石流の後みたいな集落跡を過ぎると、すぐに道は上り坂になった。

集落跡

段々畑の中を登る。かなり登る。
振り返ると野崎港とサイハテの草原が見えた。

だいぶ登った 

眼下にはコバルトブルーの海が見える。

五島ブルー

だんだんと殺風景になってきた。
がけ崩れの跡を通過すると下り坂になった。

荒涼

きれいなビーチが見える。
夏に海水浴をしたら最高なビーチだろうな。

ピーチ

道の脇に大きな亀のような大岩がある。
これって火山弾ではなかろうか。

火山弾?

亀岩を過ぎると、旧野首(のくび)教会と自然学塾村が見えてきた。

自然学習村が見える

坂を下って自然学塾村の前に着いた。
チェックインは後にして、旧野首教会を見学する。(つづく)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム