fc2ブログ

あをによし奈良の旅~その22 高台寺

花見小路を四条通りに向けて歩く。ここは日本じゃないのではないか。
と思うくらい、某アジア系外国人が多い。声がデカい。

某・・だらけ

つる居の前を通って東大路通りへ。

紗月さん

ピンクの着物の舞妓さんと擦れ違った。
ニセ舞妓も多いが、この子は本物だな。

本物 

東大路通りを渡って八坂神社の麓、餃子の王将に入店。

炒飯食いたかった

炒飯と餃子を頼んだが、天津飯と餃子が出てきた。
もったいないので食ったけど、炒飯と天津飯、どうやったら間違うのだろう。

某・・だらけ

店を出て八坂神社へ入ったけど、ここも某・・だらけ。
天津飯事件もあって、だんだん不機嫌になってきた。

工事中

南の楼門を出る。南楼門は工事中になっていた。

ねねの道

大雲院の前を通ってねねの道へ。高台寺へ行く。

台所坂

ねねの道はそんなに混雑していなくて、やや機嫌が回復。
台所坂を上る。拝観料600円を払って入場。

高台寺

順路に従って進むと茅葺の茶室が現れた。
遺芳庵という茶室。どうもねね様とは関係ないお茶室みたい。

遺芳庵

小堀遠州の庭を見てから、靴を脱いで方丈に上がる。
脱いだ靴はコンビニ袋に入れて持って周る。ガサガサ煩い。

書院

書院の窓格子越しに見る庭が良い。

方丈前庭を見学。
白砂の枯山水。白砂の文様が落雁に見えて仕方なかった。

落雁

コンビニ袋を返却して開山堂へ。

アメリカ人の、おしりの大きな女の子に話しかけられた。
某アジア系外国人と違って、純粋にここに興味があって来ているのが分かった。

開山堂を見て pretty!と感嘆していた・・・そういう表現になるのだなぁ。
開山堂をバックに写真を1枚撮ってあげた。

開山堂

石段を上って霊屋(おたまや)へ行く。
ここは撮影禁止。説明係の女の子がいた。

要所~に説明係がいて簡単な解説をしてくれる。
案内係に付いて周るよりも気安くて良いシステムだ。

霊屋

霊屋の中、真ん中に仏壇?があって、左にねね様、右に秀吉の木造があった。
ねね様の遺骸はこの下にあるそうだ。

秀吉の墓所は智積院の裏、新幹線の東山トンネルの上辺りにあったはず。
いいかげん一緒にしてあげれば良いのにと思った。

竹林

霊屋の裏山を登ると、傘亭と時雨亭という茶室があった。
某アジア系外国人が自撮りしていたので素通りした。

天満宮

竹林の道を下って見学終了。
見学コースを出た所に天満宮があった。(つづく)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム