fc2ブログ

18きっぷでちょっと山口~その7 薩埵峠によく似たり

崖の上に橘坂の説明版があった。「筑紫紀行」の一節が書かれてある。

筑紫紀行とは、菱屋平七という尾張人が九州を旅したときの紀行文。
橘坂の風景が、東海道の薩埵峠(さったとうげ)に似ている、と書かれてあるそうだ。

説明版 

これが手懸岩だろうか。この手の岩はそこら辺にゴロゴロあった。

手懸岩? 

橘坂から見下ろす瀬戸内海(周防灘)。案外きれいな海だった。

きれい! 

東側の風景。本物の薩埵峠なら、この方向に富士山が見える。

東側 

西側の風景。崖の下を山陽本線が通っている。車窓からの風景も良い所だな。

西側 

実は、この2週間前に本物の薩埵峠に行ってきたのだ。なるほど薩埵峠によく似ている。
江戸時代のおじさんと、時を超えて共感する。菱屋平七さんって、どんな人なんだろう。

3連のDCが上って行った 

峠道はまだ先に続いているが、オトーサンはここで引き返す。

海水浴場に来た。穏やかで暖かい。
春休み中の、たぶん女子高生2人組みが、自撮棒で盛んに自撮りしていた。

富海海水浴場 

富海駅へ戻って来た。ホームでまったりと電車を待つ。
嵩上げされたホームからは、木造駅舎の軒先が目の前に見える。この感じが懐かしい。

富海駅木造駅舎 

自撮棒女子高生と同じ電車に乗車。自撮棒女子高生は防府駅で降りて行った。

再々度、新山口駅。駅前に種田山頭火さんがいた。
山頭火さんは防府の出身。この人の句は沁みるなあ。

山頭火 

まっすぐ帰るのもつまらないので、宇部線を経由して帰る。
宇部線の電車も末期色だった。

門司駅にて 

関門トンネルを抜けて九州に帰って来た。
小倉駅の混雑を避け、門司で鹿児島線の電車に乗り換え帰宅。(おわり)


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム