fc2ブログ

弾丸日帰り神戸~その2 明石海峡大橋

2等雑魚寝スペースには、四角い枕と毛布。
寝袋みたいな青い掛け布団がセットされている。
 
毛布を広げて寝っ転がる。
何もする事がない。文庫本でも持って来れば良かった。

案内所でもらったパンフレットなどを見る。
持て余して、再び船内探索に行く。

深夜の食堂

食堂の混雑は一段落。トラックドライバーさん達の宴会が始まっていた。
 
案内所の前では夜食用おにぎりや、阪九フェリー名物、パイシューが売られていた。

抹茶パイシュー

パイシューは以前食ったことがある。
シュークリームの皮に、カスタードではなくホイップクリームが詰めてある。
船内で焼かれているらしい。正直言って、そんなに美味しいものではなかった。

フェリーせっつは、真っ暗な海の上を進んでいる。
部屋でぼーっと過ごすが、退屈がたまらなくなって、再々船内探索に行く。

オトーサンと同じように、持て余している人達が、船内をウロウロしている。
トラックドライバーさん達の宴会は、まだ続いていた。

深夜の洗面所 
 
売店で缶ビールと柿ピーを買って部屋に戻る。

船内は冷房が効き過ぎで、最初は良かったが、身体もだんだん冷えてきた。
焼酎の方が良かったかも。

毛布に包まってビールを飲む。
天気が良ければ外に出て、デッキで「1人ビアガーデン」するつもりだったが、
雨が降っているから仕方ない。

深夜のマッサージ椅子
 
22時に消灯。

大きな船なので波による揺れはないが、瀬戸内の島々を避け、
右に左に進路を変えるので、その度に船体が傾くのを感じる。

ソフトフィルター状態

寒さで夜中に何度が目が覚めたが、まあそこそこ眠れた方だ。
5時に起床。外に出て暖かい風に当たる。

明石海峡大橋が見えてきた 

フェリーせっつは、姫路沖を明石海峡に向けて航行中。
雨は降っていないが、上空は雲が垂れ込めている。東の方は薄っすらとオレンジ色。 

淡路島

カメラの調子がおかしい。
風景に紗がかかったように見える。レンズは曇っていない。

どうもカメラ内部で結露しているようだ。
冷房キンキンの船内から、急に外に出たからだろう。
しばらく放置していたら、復活した。良かった。

東経135度 
 
明石海峡大橋が見えて来た。
右手には淡路島、左手にはジェノバラインの高速船と、明石の時計台が薄っすら見える。

明石海峡大橋に近づくと、見物人がゾロゾロとデッキに出て来た。

明石海峡大橋下を通過 
 
6時少し前、明石海峡大橋の下を通過。
老若男女、それぞれのカメラ機器で撮影大会!

明石海峡大橋とファンネル 

船内に戻って温かい缶コーヒーでも飲もうと思ったけど、
自販機は全てコールドだった。(つづく)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム