fc2ブログ

平戸とか、唐津とか~その12 高島・宝当神社

松浦橋を渡って唐津城下の駐車場に着いた。
渡船の出港まで10分を切っている。急いで船着場へ行く。

渡船のりば 
 
出港3分前に乗船。小さな渡船は乗客でいっぱい。座るところがなかった。

クルージング中 
レーザー級

唐津湾を10分間クルージングして高島に到着。

メサ  

高島は典型的なメサ地形、伐り株のような形をした島だ。

上陸! 
 
高島に上陸。みやげ物屋の店員がお出迎え。港のすぐそばに2軒のみやげ物屋がある。
滞在時間は40分くらいしかない。みやげ物屋は後回し。先に宝当神社へ行く。

細い路地

民家の間の細い路地を行くと、ほんの数分で宝当神社に着いた。

宝当神社 
 
宝当神社の祭神は、野崎隠岐守綱吉という人。戦国時代の武士。
肥前草野氏に仕えていたが、いろいろあって高島へやって来て、高島を襲った海賊を退治。
一躍、高島のヒーローになる。早世して、大権現として奉られた。

時は流れて明治時代、高島は製塩業で大当たり。
これもきっと綱吉様のお陰と、大権現から宝当神社に改名されたらしい。
 
近年は宝くじの神様として大人気。宝当神社にお参りすると、宝くじ高額当選するらしい。
おばちゃん達多数参拝中。オトーサンも一応お参りしておいた。

塩屋神社

宝当神社から少し歩いて、山の麓にある塩屋神社へ行ってみる。塩屋神社は高島の総氏神で、
野崎綱吉さんの先祖、藤原鎌足、不比等、魚名(うおな:不比等の孫)を奉る。
ついでに大山祇神も奉って、後に菅原ちゃんも奉られたらしい。

こんな所で不比等さんに出会うとは思わなかった。

えびすさん(竿なし)  
 
そろそろ港に戻る。

みやげ物屋に入ってみた。宝当まんじゅうや宝当せんべい、宝当袋なるものが売られている。
宝当袋に運気を入れて持ち帰る。購入した宝くじを宝当袋に納め、神棚に供えると宜しいそうだ。

どうも安っぽい巾着袋にしか見えないが、売られている宝当袋は結構なお値段である。
そんな素晴らしい宝当袋なら、他人に売ったりしないで、自分で一発当てたらいいのにな。
と思ったのは、ここだけのヒミツにしておく。

ニューたかしま 
 
渡船に乗って唐津に帰って来た。唐津城を見学する時間はなかった。

唐津城

虹ノ松原でハンバーガーを食って、バイパス道は通らず、海沿いの旧道を走って帰る。

虹の松原

予定通り昼過ぎに帰宅。ちょっと忙しかったけれど、楽しい1日半だった。(おわり)

で、試しにサマージャンボを1枚買ってみたら、見事に300円当たった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム