fc2ブログ

越中国分駅

JR氷見線、越中国分駅に行ってみました。
高岡から行くと、雨晴の1つ手前の駅になります。

住宅街の

駅の入り口は静かな住宅地の中、駅前広場はありません。


入り口

駅舎は無い、1面1線の棒線駅(停留所)です。


待合室

ホーム上に木造の待合室、お客さんがいたので、内部の写真は遠慮。
作り付けの木製長椅子の上には、たぶん老人会寄贈の座布団が。 (^^)


越中国分

えっちゅうって、ローマ字ではこうなるんですね、仏語みたい。


待合室

ホームに敷かれているマットは、どうも融雪装置らしいです。
待合室の脇には小型の除雪機、雪が降る所は大変ですね。


氷見方面

雨晴側のホーム先端からは、富山湾と、ぽっかり男岩が望めます。
男岩、富山県に3つしかない島のうちの、貴重な1つです。


津波避難

ホームの先端から、ほんの数メートルの所に津波避難用通路があります。
なんかアホらしいけど、設置しないと、色々とダメなんでしょうねえ。


北口?

かつては勝手通路だったと思われる、今は立派なスロープ付き出入口。
スロープを下った先は「海の駅国分浜」という、温泉センターの駐車場。
海の駅って、定義が良く分からん・・勝手に名乗ってるだけのような?


たい焼き

おいしいたい焼きなんだそうですが、残念ながら定休日でした。


長い

停留所にしては長めのホーム、通常は1~2両編成、持て余しますね。
刈られちゃったけど、以前は緑に覆われたホームだったそうです。


氷見行き

氷見行きのキハがやって来て、偶然?女学生が画面に入っちゃいました。
たぶん伏木高校生、この駅から徒歩10分、通学利用は多いそう。


停車

ローカル線のキハは、やっぱりこの色がいいね。


去って行く

氷見線はこの先しばらく、風光明媚な、雨晴海岸沿いを走ります。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

大量の学生が下りていく駅

この駅といえば学生さんのイメージです。

前ここを通ったとき、ちょうど伏木高校の通学時間帯に当たってしまったんですよ。
たしか高岡発の列車でしたっけ...。

あれだけ混雑していたのに、越中国分を境に車内が一気にガランとしたのには驚きました。
「通学需要はローカル線維持のカギになってるな...」と痛感した次第です。

Re: 大量の学生が下りていく駅

うらたつきさま

氷見線に限らず、ローカル線って学生で持ってる感ありますよね。
少子化が更に進むと、益々、路線の維持が大変になってくるのでしょうね。

氷見線、城端線の3セク移管が決まって、今後の動向が気になります。
便数が増えるのは良しとしても、運賃が高くなると家計は大変ですもの・・(+_+)

毎度~コメントありがとうございま~~~す(^^)/

No title

こんにちは~

女学生さん達と電車の写真がとても合いますね。
またマフラーをした女学生!
可愛く見え、絵になりますね (*^_^*)


昔(20年くらい前)
会津の南郷という所へ仕事で行った事あるのですが
東京浅草から東武東上線へ乗って、会津田島駅まで行きました。
その途中の風景が、会津川口駅周りの写真と似ていて
その時の事を思い出しましたです。


また少し前の記事でですが、
立山連峰の写真!
とても綺麗で気に入りましたです (*^_^*)

Re: No title

tomパパさま

こんばんわ~

あの写真、こそッと撮ったのですが、ボケてるから大丈夫ですよね(^^;)
女子高生とキハって、やっぱり画になりますもの、つい撮っちゃいました。

東京から私鉄で会津へ行けるって、九州の田舎者には不思議で・・
会津田島駅ですね、機会があれば行ってみたいですわ。
どんな沿線風景なんだろう・・

立山、冬にスコーンと抜けた日は、ホントとてもきれいですよ。
tomパパさんファミリーにも、きれいな立山見せてあげたいなぁ~~
ただ、冬は滅多に晴れないので、難易度は高いですけど(^^;)

毎度~コメントありがとうございま~~~す(^^)/

プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム