fc2ブログ

紀勢本線残り半分旅~その4 石舞台古墳とか

紀勢本線残り半分旅と銘打っておきながら、明日香村をサイクリング中。
何故こんな所をウロウロしてるのか?な貴兄に、今後の旅程を少し・・

今夜は、明日香村から少し後戻りをして、大和八木で1泊する予定です。
旅好きの貴兄ならもうお分かりですね、あの路線バスに乗るのですよ。
大阪から新宮まで、また「くろしお」じゃ能がないですからねえ。

さて、本編に戻ります・・橘寺の見学を終えて、石舞台古墳へ行きます。

飛鳥宮跡

少し道を逸れて、飛鳥宮跡(あすかきゅうせき)に寄り道しました。
写真は石敷井戸という、当時モノじゃなくて復元遺構だそうです。

乙巳の変~大化の改新は、ここ飛鳥宮で起こった出来事ですね。
背後の丘陵が甘樫丘、麓に蘇我親子の屋敷があったそうです。


路地

明日香村岡の集落、村役場や明日香郵便局があって、村の中心かしら。
飛鳥宮跡から酒船石に行くつもりが、完全にぶっ飛んでましたわ。 (^-^;


岡地区

この道を上って行くと、橘寺から見えた三重塔のお寺、岡寺があるみたい。
行ってみたいけど時間が・・17時までに自転車要返却、諦める、残念。


有料かよ

石舞台古墳に着きましたが、何か想像してたのと違う・・有料だし。
飛鳥観光協会が料金の徴収をしてるし、もう観光地ですねえ。


曇天

折悪しく陰ってきて、どんよりとした眺め、桜の花も沈んでしまって・・


巨石

7世紀初め頃の築造、方墳、蘇我馬子の墓だろう?と言われています。
使用されている石の総重量は、なんと約2300トンだそうですよ。
羨道の部分は、現代の復元、のような感じがしました・・個人の感想です


隙間

石の隙間から、玄室を覗いてみました。


石室

玄室の高さは5メートルくらい、巨大、圧倒される。
月並みだけど、こんなもん良く造ったなあ~って。


日差しが戻り

日差しが戻ってきたので、コフン女子と絡めて華やかに・・


巨石

石の積み方は、まあまあ雑ですね。 (^-^;


全景

有料ゾーンを出て、少し高台からの眺めてみました。


都塚古墳

石舞台から次の場所へ行く途中、都塚古墳の矢印があったので寄り道。
県道から少し上ったところに、良さげなこんもりがありました。


説明版

説明版によると、6世紀後半の方墳、築造時は段々付きだったそうで、 クリック!
蘇我稲目の墓とする説もあるそう、偶然だけどスゴいのに当たった。
ならまちのどっかに、似たのがあったことを思い出しました。


きれいな天井

鉄格子越しに石室内を覗くと、また素敵な石組みと家形石棺に萌え。


棚田

都塚古墳の周囲はこんな感じ、見事な棚田が広がっていました。(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは~

奈良県の明日香村!
ピラミッドなどもそうですが、こういう巨石を使った建物、本当不思議に思います。

1トンでもナカナカ動かせないのに
2300トンってどうやって運んだんでしょうね。
興味をそそります。

いつかその場へ行って、見てみたいものです (*^_^*)


明日香村は、結構、霊場として強いとお聴きしますが
行った時は大丈夫でしたでしょうか?

Re: No title

tomパパさま

おはようございます!

人類って、どうも石が好きみたいですね。
単に、丈夫で長持ち!ってだけじゃないような気がします。
日本中、世界中に巨石建造物って、たくさんありますものね。

現代の技術を持ってしても、あんな石を運ぶのは大変でしょう。
昔の人は、すんごい知恵を持っていたのですね。
UFO云々って説が出てくる訳です。

霊的なものは・・私、全く感じない人間なので、
万が一、何か連れて帰ったとしても、たぶん気付かんわ~(^^;)

毎度~コメントありがとうございま~~~す(^^)/
プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム