fc2ブログ

神宮と伊勢湾一周の旅~その21 伊良湖岬灯台と恋路ヶ浜

荒れてきた 

答志島と菅島の間を抜けて外海に出た。波が高くなった。よく揺れる。
寒さに堪え切れず船内へ。僚船、知多丸とすれ違う。 

知多丸

出港から20分。神島が見えてきた。
神島は三島由紀夫「潮騒」の舞台となった島だ。
「潮騒」は何度も映画化されていて、オトーサンの世代なら山口百恵と三浦友和だ。

神島が見えてきた 

望遠で覗いて見る。
テトラポッド越しに多くの民家が見える。
斜面にびっしりと張り付いている。人影は見えない。

最大望遠

何故か小学生の頃の事を思い出した。
何故だろう、何か甘酸っぱい、エッチな気分。

遠くに伊良湖岬が見えてきた。
伊勢湾マーチスと恋路ヶ浜、伊良湖岬灯台もちょこっと見える。 

伊良湖岬が見えてきた

波はますます高くなって、後部デッキまでスプレーが飛んで来る。
上着でカメラを防御しながら写真を撮る。
動揺が激しくて、傾いた写真を量産する。

伊良湖港に到着 

10時25分、鳥羽丸は伊良湖港に入港。ぴったり定時。

車両甲板を通って下船。渥美半島に上陸。
振り返ると、どこかで見た風景だった。 

上陸 
水曜どうでしょう

伊良湖港のフェリーターミナルは道の駅を兼ねている。
クリスタルポルトという洒落た名前だ。

師崎(もろざき)行きの名鉄フェリーは11時20分の出港。
乗り継ぎの時間を利用して、伊良湖岬灯台、恋路ヶ浜を見学する。

遊歩道入口 

岬めぐりの所要時間が読めない。
出港時刻までに戻って来られるのか不安になる。

岬へ続く遊歩道を足早に歩く。
遊歩道を必死に歩いている自分が、自分で滑稽だった。 

必死に歩く 

伊良湖水道をいろんな船が通過して行く。
青いカッコいいRORO船が見える。

碧隆丸? 

ドールのロゴが入った白いコンテナ船が通過する。
バナナを運んでいるのだろうか。

双眼鏡を持って日がな眺めていたら楽しいだろうな。

TROPICAL STAR? 

クリスタルポルトの駐車場から10分とかからず、伊良湖岬灯台に着いた。
白い灯台が青い空に映える。きれいだ。

伊良湖岬灯台 

そのまま遊歩道を進むと、恋路ヶ浜が見えてきた。
案外小さな砂浜だった。

恋路ヶ浜 

「恋路ヶ浜」という白々しい名前は、道ならぬ恋に落ちた男女の悲しい物語、に因むらしい。
今は恋人の聖地だそうで、ま、どっちにしてもオトーサンには関係ない。

目の前に広がるのは太平洋。
同じ海でも、玄界灘とは、やはり違うような気がした。(つづく)

大あさりが名物らしい 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム