fc2ブログ

神宮と伊勢湾一周の旅~その7 外宮参拝

外宮に奉られているのは豊受大御神(とようけのおおみかみ)で、天照大御神の食事をつかさどる神として、丹波からやって来た神様。衣食住、産業の神様として崇められている。
 
豊受大御神

いよいよ御正殿の前に着いた。一の鳥居からそんなに遠くなかった。

杉の巨木がニョキニョキ生えている。 向かって左側に御正殿、右側は古殿地。古殿地は更地ではなく、まだ社殿が残っていた。御正殿は板塀で囲まれている。
 
杉の巨木がニョキニョキ

鳥居を潜って外玉垣南御門へ。ここから先、御正殿は撮影禁止。神宮には拝殿がない。一般ピーポーの参拝など、端から考慮されていないのだ。外玉垣南御門の前で参拝する。
 
外玉垣南御門

御門にも白い布が掛けられていて、真正面から中を見ることは出来ないようになっている。玉垣の内側には、こぶし大の白石が敷き詰められている。

今にも降りだしそうな天気だったが、ここに来て、薄日が差してきた。神様に歓迎されているようで嬉しい。

二礼二拍手一礼。
 
ここから先は撮影禁止

ここはなんか凄い。 初めての感覚だ。オトーサンは所謂、パワースポットとか信じないけど、ここは何かを感じる。自分でも不思議だ。

神官に連れられ、玉垣の内側で参拝している人達がいた。皆スーツ姿だ。皇室の親戚とか特別の人達なのだろうか。
 
古殿

後日調べてたら、特別参拝中の人達だったみたい。特別参拝の資格とは、・・・オトーサンでも満たすことができそうな要件だった。玉垣内参拝と古殿地の見学もできるみたい。知っていれば参加したのに。残念だ。

三ツ石 
亀石

境内の別宮を参拝。土宮(つちのみや)は地主神。風宮(かぜのみや)は風の神様を奉っている。
 
土宮 
風宮

98段の石段を登って多賀宮(たかのみや)を参拝。多賀宮は豊受大御神の荒魂を祭っている。
 
多賀宮

御正殿はあくまで神様に感謝する場所であって、神様への個人的なお願いは、この多賀宮でするものとされている。御正殿と同じく去年遷宮されたばかり。いずれの御宮にも隣に古殿地がある。
 
古殿地

最後に下御井神社(しものみいのじんじゃ)を参拝。水の神様。小さな祠のような社だった。

木立の間から見える古殿

御正殿の前に戻って来た。古殿の屋根がチラッと見える。20年を経た古殿の屋根はボロボロ。 防腐措置なんか一切されていないみたいだった。(つづく)

ボロボロ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム