fc2ブログ

紀勢本線残り半分旅~その3 川原寺跡と橘寺

明日香村サイクリングの続き、橘寺を目指して自転車を走らせます。

亀石

なんとなく走っていたら亀石、こんな所にあるのですね。
亀石って後に付けた名前でしょ、亀には見えないわ。


説明版

説明板を読んでも、どうもピンとこない。 クリック!


橘寺前

道なりに走っていたら、広い歩道のある県道に出ました。


川原寺跡

左を見ると広い原っぱ、飛鳥四大寺の1つ、川原寺(かわらでら)跡だそう。
奥に見えるお寺は弘福寺(ぐふくじ)、川原寺の法燈を継ぐお寺さん。
川原寺については、ウィキ先生の所で各自お勉強して下さい →ココ

立ち入り禁止にはなっていなかったけど、誰も入っていない。
行ってみたかったけど、写真の邪魔なるだろうし、止めました。


反対側

川原寺跡から県道を挟んで反対側、少し高い所にあるのが橘寺です。
緩やかな坂を上って行きます・・電動自転車なので楽チンです。


長閑

坂を上って行くと、こんな光景が・・何のお話をしているのかしら。


満開

拝観料を納めて桜が満開の境内へ、写ってないけど見学者多数。


境内

小じんまりとした境内ですが、明るくて良い雰囲気です。

聖徳太子が開基した橘寺、欽明天皇の別宮、橘の宮の跡地。
この付近で太子が生まれたそうで、日本のベツレヘムですね。(意味不明)
国宝、法隆寺の玉虫厨子は、元はこのお寺にあったそうですよ。


本堂

本堂の前には太子の愛馬、黒駒(ペガサスの様に天を駆けたそう)と橘の木。
橘ってミカンの原種らしいけど、キンカン(金柑)にしか見えませんわ。
黒駒の銘板を読んでみたけど高岡(富山県)製じゃなかった・・最近やたら気になる (^-^;


びんずるさま

お堂の外にいらっしゃるのは、きっと賓頭盧(びんずる)さまですねえ。
お釈迦さまも、いいかげん許してあげたら良いのにって、いつも思う。


二面石

本堂の裏手にあった二面石、人間の二面性(善悪)を表しているとか。
いつ誰が作ってここに置いたのか、何も分かっていないそうです。
先ほどの、吉備姫王墓にあった猿石と似ている、と思いました。


橘

垂仁天皇の勅命により、不老長寿の薬を探しに行った田道間守(たじまもり)が、
10年の歳月を経て持ち帰った橘の実、この実を黒砂糖と煮て薬としたとかで
薬、菓子の祖神として崇められ、菓子屋に橘の屋号が多いのはこのためとか。


落椿

境内をしばし散策、見どころいっぱいの橘寺でした。


岡寺

あれに見えるは、たぶん岡寺の三重塔、橘寺の境内から良く見えました。
結局行かなかったけど、行っときゃ良かったと後悔しました。


おっちゃん

シャッターを押す瞬間におじちゃんが・・(つづく)


スポンサーサイト



プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム