fc2ブログ

夏の18きっぷ消化旅~その6 碌山美術館とか

大王わさび農園を出て、再びレンタサイクルで出発。
2~3目星を付けておいた所を巡り、穂高駅まで戻ることにします。

清らか 
小さな水路、ここの水も透き通って、川底の白砂が良く見えます。

青い道祖神 
たぶん安曇野で一番有名な道祖神、水色の時道祖神を見学。 水色じゃないし・・

NHKの朝ドラ、昭和50年放送「水色の時」に登場した道祖神。
ヒロインは大竹しのぶ、安曇野を舞台にしたドラマだったそうです。

わさび田? 
穂高川沿いにはあちこちに、わさび田がたくさんありました。 スマホ撮影

早春賦 
早春賦の歌碑、左側のボックスにはオルゴールが仕掛けてあります。
歌碑の周囲は桜並木、ここはやはり春に来るべき所ですね。


NHK東京放送児童合唱団Ver.を拾ってきました。

蝶ヶ岳? 
一瞬雲が切れ稜線が見えたけど、果たしてどこの山なのか?
有明山の右だったか左かも、憶えていません。 相変わらずダメダメです

3点セット 
道祖神、庚申塔、二十三夜塔の豪華3点セットがありました。

二十三夜塔って初めて見たけど、庚申待ちの、月齢バージョンみたい。
かのえさるの夜じゃなくて、二十三夜に講で集まる行事、で合ってるかしら。

駅前広場 
穂高駅前に帰ってレンタサイクルを返却、料金は2時間で400円でした。
観光案内板を見てたら、近くに碌山美術館というのがありました。

碌山って何か聞いたことあるなぁ~
予備知識ほぼゼロですが、行ってみることにしました。

あずさ46号 
線路沿いの遊歩道を、美術館に向けて歩いていると、特急列車が通過。
時刻表によると、あずさ46号、新宿行きだと思われます。

碌山美術館 
駅から10分、踏切を渡ると碌山美術館です。

「労働者」 
ちょっと「考える人」に似てますが、「労働者」って作品だそうです。

荻原碌山(おぎらろくざん)、本名は守衛(もりえ)、明治12年安曇野生まれ。
画家を目指して海外に遊学中、あの「考える人」を見てビビッと来て、ロダンに師事。

あれを見て、「ウンコしてる人」と思った誰某とは、大違いでございます。

尖塔 
碌山館はキリスト教会のような、赤いレンガ造りの建物でした。
他に見学者もなく、こんな天気ですから、ちょっと怖かった。

イチゴ 
碌山のパトロンが同郷の相馬愛蔵という人、新宿中村屋の創始者です。
中村屋のレトルト・インドカリー、美味しいですよね。

愛蔵の妻が、碌山の憧れの女性、黒光(こっこう)、美人です。 ウィキに画像アリ
美しい妻がいるにもかかわらず、愛蔵は外に愛人を・・・ 良くある話ですね
もがき苦しむ碌山・・・映画になりそうです。 TVドラマ化はされたそう

レンガ造り 
碌山の代表作かつ絶作「女」、黒光をイメージしているとも。
どっかで見たことあるなぁ~って思い出したら、ココで見てました。
誰某が憶えている程だから、やはりインパクトのある作品なんでしょうね。

安楽ベンチ 
このベンチが安楽で良かった、暫くデレ~ってしてました。
次回は新緑の頃、天気の良い日に来たいです。(つづく)


スポンサーサイト



プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム