fc2ブログ

上方落語と石の宝殿~その15 高砂神社

じょうとんバスはもうバス停に来ていました。

じょうとんバス 
ふれあいの里生石バス停から、再びじょうとんバスに乗車。
ここは始発バス停だから、難なく最前列に着席できました。

国道2号線 
JR宝殿駅前を経由して、山陽電車の高砂駅へ向けて走ります。
最前列ですが、全面展望はイマイチです。

本町商店街 
高砂本町商店街・・・そろそろ目的地。

高砂南バス停 
たぶん高砂神社最寄りと思われるバス停で下車。
地図アプリ起動、高砂神社に向かって歩き始めます。

工楽松右衛門旧宅 
工楽松右衛門旧宅、北前船の廻船問屋、最近一般公開に向けて整備されたみたい。

松右衛門さん、松右衛門帆という高性能セールを発明、特許独占せず一般に広く普及。
凾館、択捉、鞆などの港を整備、用いたのが地元産の竜山石・・・なかなかスゴい人だ。

鳥居 
高砂神社正面に到着しました。

高砂神社、神功皇后が三韓征伐からの帰りに、オオクニヌシを奉り建てた神社。
祇園信仰が盛んになると、スサノオとクシナダヒメを合祀。

子供の頃見た「水戸黄門」、黄門様(東野英治郎さん)が誰かの結婚式で、
た~か~さ~ご~や~って唸ってたのを、今でも憶えています。
ここに来てみたかった。

参道 
鳥居を潜って境内へ、順番に見て行きましょう。

御神木 
御神木のいぶき、阿蘇神社の神官(ワキ)が持っていた杖が発芽したものらしい。
高砂神社の御神木は、当然、相生の松だと思ってましたが。

能舞台 
立派な能舞台、ここであの「高砂」が演じられるのでしょうね。

観阿弥の能、高砂に登場するのが、シテ(翁・尉)、ツレ(嫗・姥)、ワキ(阿蘇の神官)の3名。
高砂市コミュニティバスは、尉と姥(じょうとうば)・・じょうとんば、で、じょうとんバス。

高砂の内容は面倒なので割愛、興味のある方は自分で調べて下さい。

拝殿 
わりかしこじんまりとした拝殿、ども、九州から来ました。とお参り。

霊松殿 
霊松殿、三代目相生松(枯)が奉られて?います。

三代目 
三代目(枯)です。

五代目 
現行(五代目)相生松です。

補欠 
これはたぶん予備(補欠?)の相生松だと思われます。

スサノオとクシナダヒメ、相生松、高砂や・・・ここが結婚式発祥の地なんだそうです。

弁財天 
弁財天だそう、池の水は涸れていました。

三つ葉葵 
屋根の瓦に三つ葉葵、徳川家の庇護も受けていたのでしょうか。

境内 
結婚式発祥の地にしては、ちょっと地味過ぎる境内、もう少し華やな方が良いかも。

裏口 
通用門みたいな所から出て、山陽電車の高砂駅へ向いました。(つづく)

スポンサーサイト



プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム