fc2ブログ

上方落語と石の宝殿~その12 五色塚古墳

いよいよ、五色塚古墳を見学します。

五色塚古墳、全長194メートルの前方後円墳、4世紀後半の築造。
関西行きフェリーの上からも、上空の飛行機からも見える巨大古墳です。

以前から行ってみたいと思っていましたが、なかなか機会がありませんでした。

近づく 
きれいに整備されている古墳みたいですね。

陪塚? 
小さなお稲荷さんと、前方の丘は陪塚でしょうか。

え! 
案内板・・・開園時間は9時からって、まだ1時間近くあります。
やらかしたあ~またまたリサーチ不足ですね。

出勤して来た管理人のおじちゃんに尋ねると、「ええよ」と入園させてもらえました。
管理人のおじちゃん神対応、ありがとうございました。

五色塚古墳の入園時間は9時から、最終入園は16時45分です。

登る 
コンクリート階段を登って墳丘上へ。

前方部 
前方部、レプリカ埴輪がずらっと並べられています。

見下ろす 
前方部から北西方向、管理棟と陪塚が見えます。

明石海峡大橋 
明石海峡大橋と淡路島、手前の線路は山陽電車です。

山陽線 
JR山陽線の電車もチラッと見えますね。

土俵? 
東側、四角い土俵みたいなのがあります、祭祀を行う所でしょうか。

後円部 
前方部から見上げる後円部、葺石で覆われています。

対岸の淡路島、五色浜から運ばれた石なんだそうで、それで五色塚なんでしょうか。

見下ろす 
後円部から見下ろす前方部、良い眺めですね。
前方部の葺石は、発掘されたオリジナル葺石を使っているそうです。

良い眺め 
ここ良いわ~

北側 
後円部から北側、古墳を取り囲む環濠。

小壺古墳 
五色塚を降りて陪塚へ行ってみます・・・陪塚というには大き過ぎる。
説明板によると、小壺古墳という直径70メートルの円墳でした。

周回 
円墳に沿って民家が建ち並んで、太秦の蛇塚古墳みたい。

小壺ごし五色塚 
小壺古墳を1周してから、霞ヶ丘駅へ戻りました。(つづく)

スポンサーサイト



プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム