fc2ブログ

高原へ避暑に行ったの~その7 ワム29500

天気も悪いし、寒いし、少し早いですが宿に向かいます。 

天気悪い 

やまなみハイウェイを少し走って、JAの直売所へ寄りました。
今晩は自炊なので、何か良い食材があれば、買って行こうと思いました。

直売所 
特にコレといったものもなく、特にお安くもなく・・・。

くじゅうエイドステーション 
やまなみハイウェイから離れ、飯田高原の真っ只中にある今宵の宿に到着。
国鉄の古い貨車をケビンに改装、泊まれるようになってます。

ずいぶん昔からやっている所で、一度泊ってみたかった。

わいた 
オトーサンが泊ったケビンは、ワム29500型という半室が貨物室な車掌車。
昔、貨物列車の最後尾にぶら下がって、走っていたヤツですね。

貨物室部分が畳敷きに改造されていて、パイプベッドと布団があります。
コンセント、薄暗い照明あり、空調設備はなし。

ボロボロ 

他のケビンも覗いてみましたが、なんか全体的にボロボロです。
予想以上に酷いなあ・・・オトーサンのケビンは、まだマシな方でした。

炊飯棟 

炊事場、キャンプ場も併設されていて、共用の炊事場のようです。
トイレも当然共用、ケビンとキャンプ場が満員になったら、キャパ不足しそう。

五右衛門風呂 
お風呂は五右衛門風呂、自分で薪をくべて焚かないと入れません。

車で数分の所に温泉があるみたいですが、今日は汗もかいてないし、
杖立温泉に入って来たので、お風呂はなしにしましょう。

乾物系夕食 

まだ明るいけど、他にすることもないので、夕メシにしましょう。
家から持って来た乾物中心の夕食です。

調理中 

登山ストーブで調理・・・といっても温めるだけですが。

完成 
富山ブラックラーメンととり釜めし、缶詰・・・貧相な夕メシです。
でも、この富山ブラックカップ麺、けっこう旨いんですよ。

良さげに見えるけど
こうやって見ると、なんか素敵に見えますが、ボロボロケビンです。
オトーサンはまあ大丈夫でしたが、ダメな人は泊まれないと思います。

メシ食って、酔っ払ったので、とっとと寝てしまいます。(つづく)

高原へ避暑に行ったさ~その6 タデ原湿原

一の宮町を出て県道11号線(やまなみハイウェイ)を北へ。
やまなみハイウェイで再び外輪山を登ります。

一の宮町遠景 
外輪山の中腹から振り返った一の宮町・・・見事な扇状地ですね。
扇状地の先端部だから湧水が豊富なんですね。

やまなみハイウェイ 
やまなみハイウェイを気持ち良く走ります。
熊本県内を走っているうちは、時々青空も見えたのですが・・・。

ちょっと美瑛っぽい 
ちょっと富良野とか、美瑛っぽくないですか。

牧ノ戸峠 
大分県に入り、標高が上がってくると、雲の中に入っちゃいました。
牧ノ戸峠(1,333メートル)の駐車場は真っ白ケでした。

登山口 
牧ノ戸峠の登山口、ここから久住山頂まで2時間弱です。
久住山、若い頃よく登りました。

山水画みたい 
峠を下って長者原(ちょうじゃばる)へ。

九州では「原」を「ばる・はる」と読みます。
春日原、新田原、西都原・・・まだまだたくさんあります。
この「ばる」って読み方は、朝鮮語が起源とする説がありますね。

雨宿り 
長者原の駐車場に着いたとたん、またまた土砂降り。
ビジターセンターで雨宿りです。

筑後川源流 
小降りになったので、傘を差して出発、タデ原湿原を散策します。

タデ原湿原 
標高千メートル近く、小雨混じりの風が強く、涼しいを通り越して寒い。
こんな天気ですから誰もいませんね。

サワギキョウ 
サワギキョウが咲いてます。

ヒゴタイ 
ヒゴタイってこんな風に咲くんですね。

マツムシソウ 
マツムシソウ、可憐、萌え。

あまりに寒いので10分ほどで退散、車に戻りました。(つづく)

高原へ避暑に行ったぞ~その5 阿蘇神社

阿蘇市一の宮町、阿蘇神社にやって来ました。
先の熊本地震で阿蘇神社も大きな被害を被ったそうです。

自分の目で確かめるためにやって来ました。  ※平成28年8月の記録です

湧水の手水 
湧水の手水はいつも通り、こんこんと湧き出でています。 

倒壊した楼門 
いきなりショッキングな映像が、目に飛び込んで来ました。
あのカッコ良かった楼門が、屋根の部分を残して倒壊しています。

倒壊したのは知っていたし、ニュース映像でも見たのですが、
実際に自分の目で見ると、やはり衝撃的でした。

倒壊した楼門の前に、仮の拝所が作られていました。

参道 
阿蘇山の方を向いた参道、鳥居は大丈夫そうですが、灯籠や玉垣が倒れてます。

倒壊した拝殿 
拝殿も倒壊、本殿は倒壊は免れたものの、大きく破損したそうです。

文化財指定されている楼門の再建費用は、国と県がみてくれるようですが、
拝殿、本殿などは自前での再建となるみたいです。

オトーサンも僅かですが、寄付をさせて頂きました。

灯籠も倒れてる 
門前町商店街は、もう復活したのでしょうか、特に被害は見えません。

美味しそう 
湧水でサイダー冷やしてました・・・美味しそう。

水基 
町のあちこちにある湧水、水基(みずき)って言うそうです。

生活感 
こんな生活感溢れる水基がいい。

ブタ? 
店先に置かれていた石臼?かな、ブタさんみたいな顔が・・

ブリヂストン 
阿蘇神社前の自転車屋、やきとりとソフトクリームは売ってるけど、
自転車は売ってないみたいでした。(つづく)

続きを読む

高原へ避暑に行ったよ~その4 中通古墳群

大観峰からワインディングロードを下って阿蘇谷へ。
阿蘇市一の宮町、中通(なかどおり)古墳群にやって来ました。

大観峰から見えた所ですね。
まだちょっと雨降ってますけど・・・。

雨が 

中通古墳群、田んぼの中に11基の古墳が残ってます。
健磐龍命(タケイワタツ)の子孫、阿蘇氏一族の陵じゃないかと言われてます。

健磐龍命って、阿蘇カルデラを蹴破って、尻餅をついた神様ですね。 

上鞍掛1号墳 
上鞍掛1号墳、全長70メートルほどの前方後円墳、萌え~

長目塚 
長目塚古墳、全長110メートルほど、中通古墳群の中で最大、柄鏡式前方後円墳。
墳丘にキツネノカミソリが咲いていました。

長目塚から見た上鞍掛1号墳 
長目塚古墳、後方部から見た上鞍掛1号墳。
畦のカーブが前方後円墳してますね。

車塚1号墳 
こちらは車塚1号墳、直径47メートルの円墳、萌え~

振り返り車塚1号墳 
車塚1号墳(左)と車塚2号墳(右)、2号は直径15メートルほど。

勝負塚 
勝負塚古墳は直径60メートルほど、現在は(も)墓所になってます。

説明板 
説明板によると、もっとたくさんの古墳があるようですが、確認できたのは10基でした。

入道塚と自転車少年 
入道塚古墳と自転車少年。
天気が良い日に来たかったなぁ~。(つづく)
  

高原へ避暑に行った~その3 大観峰

南小国から国道212号線を、阿蘇方面へ向かいます。

阿蘇カルデラの縁まで、外輪山をオッチラ登って行きます。
オトーサンのポンコツカーには、きつい登りです。

外輪山を登る 

国道から外れて大観峰(だいかんぼう)へ。
大観峰に近づくにつれ、だんだん展望が開けてきました。

阿蘇谷 

駐車場に車を停めて、遊歩道を10分くらい歩くと、大観峰に到着です。

大観峰って展望台のコトだと思ってましたけど、山(山頂)なんですね。
阿蘇外輪山の最高峰(936メートル)なんだそうで、知らなかった。

陽が照ったり、真っ暗になったり、不安定な天気です。

大観峰 
たぶんココが山頂・・・アベックだらけでした。

阿蘇山方面 
阿蘇山は雲の中・・・涅槃像は見えず、残念。
ココ、嵐のCMで登場した所だと思う。 嵐ファンではありません。。

九重方面 
九重連山も雲の中。

内牧方面 
内牧(うちのまき)方向、田んぼのモザイク模様がきれいですね。

宮地方面 
宮地方面、阿蘇神社の社叢が見えます。

ズーム 
ズームアップすると・・・ポコポコが見えますね。
後であそこに行きます。

雨降ってる 
あら~、なんだか雲行きが怪しくなってきましたよ。

傘は持ってないし、カメラも裸のまま持って来てます。
遊歩道を小走りで駐車場へ戻ります。

土砂降り 

車に乗り込んだ途端に降り出して、すぐに土砂降りになりました。
間に合って良かった。(つづく)

プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム