fc2ブログ

18きっぷでうどんを食いに行く~その15 〆はやっぱりかしわうどん

天気のせいで風景も良くないし、退屈な航行が続く。

松山港を出た時からなんとなく気付いていたが、どうもこの船は右側に傾いている。
跳ね上げられたランプの先端と、遠くの水平線を比べると良く分かる。

傾いてる 

あの巨大タンクトレーラーをはじめ、どうも重量のある車両が右側に偏っている。
許容範囲内の傾きだから航行しているのだろうが、やはり気持ち悪い。
どのくらいの傾きまで許容されるんだろう。

傾いてる 

周防大島の北側を西へ航行。遠くに大島大橋が見えてきた。

大畠瀬戸 

大島大橋にじわじわと近づいて、やがて橋の下を通過。

飯の山

潮流が西へ結構な速さで流れている。飯の山の展望台が見える。

17時40分、定刻に柳井港に入港。ランプを通って下船。

柳井港に入港 

柳井港のターミナルが新しくなっていた。

柳井港ポートビル 

ぽつぽつと雨が降り出した。国道2号線を渡って柳井港駅へ行く。
飲み物が欲しかったが、駅前には何もなかった。

柳井港駅 

無人駅の柳井港駅から、18時10分発の下関行き普通電車に乗車。もう薄暗い。

寂しい 

下関駅でJR九州の電車に乗り換え。
関門トンネルを抜けて九州に帰って来た。小倉駅で〆のかしわうどんを食って帰宅。

かしわうどん(使い回し写真)  

この2日間で合計6杯のうどんを食った。たいした数ではないな。
高松で食った2杯も旨かったけど、やはり小倉駅のうどんが1番かな。(おわり)


スポンサーサイト



18きっぷでうどんを食いに行く~その14 周防大島松山フェリー

フェリーターミナルで乗船券を購入、フェリーの到着を待つ。

やがて、周防大島松山フェリーの「しらきさん」が入港して来た。
しらきさんとは周防大島にある山の名前。

入港する「しらきさん」とターナー島

松山~柳井航路は、防予フェリーと周防大島松山フェリーが共同運航している。
周防大島松山フェリーの運航便だけが、周防大島に寄航する。

乗船中

車用のランプを歩いて乗船。屋上?のデッキに上がって出港を待つ。 

白い木造船

白い木造船がゆっくりと港を出て行った。
かなり年季が入っている。たぶんオトーサンより年長さんだろう。カッコいい。

巨大タンクトレーラー

乗用車やトラックがどんどん乗ってきて、最後に巨大なタンクトレーラーが突っ込んできた。
車両の積み込みに手間取ったのか、定刻よりやや遅れて出港。

出港!  

柳井港までの所要時間は2時間半。船室に入る。
比較的新しい船なので、船内は木目調できれいだ。お客さんもそこそこ乗っている。

木目調

どんよりとした瀬戸内海を進む。この天気では「瀬戸の花嫁」は鳴らない。

出港して暫くすると、左手にDASH島が見えるはずだが、見るの忘れた。
DASH島は松山空港のすぐ近く。東京からのアクセスも良さそう。

どんより

周防大島の先っぽと情島(なさけじま)の間の瀬戸を進む。

周防大島、伊保田港に入港。数名の乗客が降りて行った。車は降りない。

伊保田港に入港

伊保田港の近く、公園のような所に飛行艇が置いてあるのが見えた。
ググッてみたら、陸奥野営場に展示されているPS-1だった。

PS-1

PS-1は現行の救難飛行艇US-2の2世代前のヤツだ。(つづく)


18きっぷでうどんを食いに行く~その13 三津浜駅で昼うどん

三津浜駅は無人駅だったけど、駅舎にうどん屋が入っていた。
ちょっと遅い昼メシ、ここのうどんを食ってみることにした。

多磨屋

ざるうどんのセットを発注。うどんと天むすのセットだった。
…なんで天むすなんだろう。

ざるうどん

つけ汁がそんなに甘くなく、すっきりして美味しかった。

フェリーの出港時刻は15時5分。
三津浜港までの時間が読めない。急いで食って、とっとと店を出る。

三津浜駅前の通りを西へ歩く。

セブンスター

セブンスターというスーパーがあった。セルフうどんと看板が出ている。
気になったけど、流石に連続では食えない。

土下座する少年と刀を構える少女…何のシーンなのか?

伊予鉄の踏み切りを渡り、なつかしい感じの商店街を通り抜ける。
商店街の路上で子供達が遊んでいる。昭和な風景だ。

鍛冶屋さん?

三津浜駅からゆっくり30分、三津浜の港に到着。

浮桟橋に小型のフェリーが係留されていた。
消防救急艇はやぶさ号、松山市消防局の船だ。

はやぶさ号

救急車を載せて30ノットで島へ急行する、海の消防車兼救急車だ。
カッコいい。(つづく)


18きっぷでうどんを食いに行く~その12 特急しおかぜ号に乗車

特急しおかぜ7号に乗車。先行する普通電車を追いかける。
18きっぷでは特急に乗れないので、乗車券と特急券を購入。

しおかぜ7号

伊予西条駅の隣、石鎚山駅に運転停車。下りのしおかぜ号と交換。

下りしおかぜ号

石鎚神社本社の最寄駅だけど、石鎚山の登山口ではない。
車窓から大きな鳥居がチラッと見えた。

石鎚神社の鳥居

伊予西条駅から10分、次の停車駅、壬生川(にゅうがわ)駅に到着。
先行の普通電車はここで20分間停車中。追い着いた。

壬生川駅

単行の松山行き普通電車に乗り換える。

車窓からは菜の花や満開の桜。春爛漫だな。

菜の花

伊予桜井という駅に停車。木造駅舎。
女子高生に混じってお遍路さんが見えた。

伊予桜井駅

今治駅に到着。しまなみ海道の最寄り駅。
オトーサンも自転車で尾道まで走ったことがある。ざんぎが旨かった。

今治駅

停車時間が15分ほどあるので、荷物を放って改札を出てみる。
バリィさんがいた。ティアラが来島海峡大橋だった。

バリィさん関連商品

天気が悪くなってきた。日差しがなくなった。
山側の席に座ったこともあって、風景がつまらない。
これから瀬戸内クルージングなのに…気持ちが萎える。

三津浜駅

14時4分、松山駅の1つ手前、三津浜駅に到着。(つづく)


18きっぷでうどんを食いに行く~その11 鉄道歴史パークin西条

伊予西条駅からすぐに松山行きの電車があるのだけれど、あえて乗り継がない。
ここでちょっと行きたい所があった。

伊予西条駅前

予讃線の普通列車は概ね1時間に1本。
後の行程を考えると、ここで1本落とすことは出来ない。
少しだけ特急を使って、伊予西条駅で30分を確保することにした。

エントランス

捻出した30分で鉄道歴史パークin西条を見学。
鉄道歴史パークin西条とは、伊予西条駅に隣接するミニ鉄道博物館だ。

ディーゼル機関車

入館料300円を払って入館。
ウッディな館内。オレンジ色の機関車と0系新幹線が展示されていた。

0系新幹線

オレンジ色の機関車はDF50型というディーゼル。
オトーサンが小さい頃、一度だけ筑豊線で見たことがある。

身の部分

0系新幹線は頭の部分だけ。身も少し付いていた。

跨線橋で予讃線を渡って南館へ行ってみる。

跨線橋から南館を望む 

南館前広場にフリーゲージトレインがあった。
確か2代目の試作車だったと思う。これ上手くいってるんだろうか。

核心部分

かつての新八代駅みたいに、同じホームで乗り換えた方が早いと思う。
軌間変換の方が時間がかかりそう。・・・余計なお世話だな。

完成度低い  

南館にはC57とキハ65、DE10が展示されていた。

キハ65

急行カラーのキハは懐かしかったけど、ピカピカで綺麗過ぎ。
ディーゼル車はもっと煤けて汚れていたし、その方がカッコ良かった。

ランプ小屋?

見学終了。跨線橋を渡って駅に戻る。

駅前の広場に「打ち抜き」という井戸があった。
この辺りは地下水が豊かで、穴を掘ったら石鎚山系の伏流水が自噴する。

打ち抜き

腹が減ったので、駅前のパン屋でカレーパンを1個購入。
ホームのベンチで食った。

ベンチ

何ということもない、普通のカレーパンだった。(つづく)


プロフィール

オトーサン

Author:オトーサン
昭和生まれのおじさん、九州地方の北の方生まれ
訳あって現在、北陸地方のとある町に出稼ぎ中

おはぎは絶対つぶ餡派です!
ラーメンよりうどんが好きです!

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム