FC2ブログ

オトーサンの忘備録(R50+)

 旅の記憶、その他諸々、ほぼ自分用の忘備録 ほぼ隔日更新

18きっぷ消化ちょこっと岐阜まで~その11 近江塩津駅

Posted by オトーサン on   0 comments   0 trackback

醒ヶ井駅から再び東海道線に乗って、米原駅に着きました。

近江塩津行き 
JR西日本の電車に乗り換え、新快速近江塩津行き。

雲の中 
伊吹山の山頂は、やはり雲の中でした。 映り込みが酷い・・見苦しくてスミマセン

虎姫駅 
いつか降りてみたい虎姫駅、小谷城もここからそう遠くないですよね。

余呉湖 
余呉駅付近、田んぼの向こうに、ちょこっと余呉湖が見えました。

近江塩津 
高架線の湖西線と合流すると、終点の近江塩津に到着。

湖西線の電車は敦賀まで行くけど、北陸線の電車はここまで。
ここで湖西線から来る新快速に乗り換えますが、連絡が良くない。

駅舎 
30分くらい時間があるので、駅の周辺を少し歩いてみました。

田舎 
駅前に国道が1本通っているだけ、商店などはありません。
裏通り、何~もない、人っ子一人歩いてないわ。

川 
小さな川が流れていて、釣り人が1人、釣糸を垂れていました。

マンホール 
西浅井町(現在は長浜市)時代のマンホール、ツツジと山茶花、ウグイス。

民家 
蒸し暑くてたまらないので、そろそろ駅に戻ります。

花 
アガパンサスで合ってますかねえ?

改札口 
ホームに続く地下通路、ここが涼しくて良かったです。
ここに椅子を置いといて欲しいわ。

敦賀行き 
姫路から湖西線経由でやって来た、新快速敦賀行きに乗車しました。(つづく)

スポンサーサイト



彦根城とひこにゃん

Posted by オトーサン on   8 comments   0 trackback

赴任途中に寄り道した彦根城、もう半年以上前のことなんですねえ。

彦根城 
桜は満開を過ぎていて、お堀の水面がピンク色になってました。

廊下橋 
天秤櫓の石垣と廊下橋、自分が攻め手だとしたら、ここはイヤだわ。

天秤櫓 
廊下橋を潜って左に曲がり、振り返った所、三方を石垣に囲まれちゃいます。
廊下橋を渡って太鼓門を潜ると、国宝天守が鎮座する本丸に到着します。

国宝 
天守は3層、小じんまりとしてますがデザインは秀逸、きれいです。

伊吹山 
天守の上から北東の方向、春霞にくすんだ伊吹山が見えました。
標高1377メートルだそうで、案外低い山なんですね。

千々の松原 
毎夏、鳥人間コンテストが行われる松原水泳場、ヤマトタケルの没地、千々の松原ですね。

ひこにゃん 
天守の見学を終えて外に出ると、ひこにゃんがいました。
ほわ~ってしててね、癒されましたわ。

18きっぷ消化ちょこっと岐阜まで~その10 中山道醒ヶ井宿

Posted by オトーサン on   10 comments   0 trackback

中山道61番目の宿場、醒ヶ井の町を歩きます。

醒ヶ井駅 
一見新しそうに見える醒ヶ井駅舎、新しいのは正面だけ、ハリボテ造りです。

暑い 
駅前の国道を渡り、旧中山道を目指して、猛暑の中を歩きました。

旧醒ヶ井郵便局 
古いモダンが建物は旧醒ヶ井郵便局、今は資料館になっているみたいです。

地蔵川 
民家の間を流れる地蔵川、おばちゃんが川で洗い物をしていました。

宿場町 
旧中山道、道の左側には旧家が並び、右側は地蔵川が流れる。

清流 
居醒の清水を水源とする地蔵川、水がきれい、透き通ってます。

バイカモ 
清らかな冷たい水でしか育たない、バイカモが群生していました。
バイカモは上高地でも見ました・・上高地並の水質なのね。

ミニチュアモード 
橋の上の甘味処、モザイク処理省略のため、ミニチュアモードで撮ってみました。

居醒の清水 
居醒(いさめ)の清水・・・ヤマトタケルが伊吹山の神と戦い、命からがら逃げ延びて、
この清水を飲んだところ、目が醒めるように回復した(一時的に、だけど)とか。

加茂神社から 
加茂神社から見下ろす醒ヶ井の町並み。

名神高速 
旧中山道を彦根方向に少し行った所、すぐ上を名神高速が走っています。

六方焼 
擦れ違ったおばちゃん達が「ここの六方焼が美味しい!」って言ってたので、
釣られて1個買ってみた・・・オトーサン的にはイマイチでした。

霊仙山 
霊仙山(りょうぜんざん)、標高1094メートル、花の百名山の1つ。
山頂付近はカルストだそうで、居醒の清水はこの山が水源かも。

クールダウン 
駅前に戻ってソフトクリームでクールダウン、普通のソフトクリームでした。

たま麩 
たま麩、買いたかったけど、きっとリュックの中で粉々になるので、止めた。

バイカモの花 
バイカモの花です。(つづく)