オトーサンの忘備録(R50+)

 旅の記憶、その他諸々、ほぼ自分用の忘備録 ほぼ隔日更新

上方落語と石の宝殿~その21 ゴーゴーカレー食って帰宅

Posted by オトーサン on   8 comments   0 trackback

あとはこだまに乗って帰るだけ、時間まで姫路駅構内をウロウロ。

ゴーゴーカレー 
金沢名物、ゴーゴーカレーの店がありました。
ゴーゴーカレーを食ってみましょう。

カツ薄い 
どうもカツカレーがデフォルトみたいなので、ロースカツカレーを発注。
カツはお値段なりに薄いけど、ルーが濃くてまあ美味しい。

鯛焼き最中 
ゴーゴーカレーの向いにある食品スーパーで酒と肴を購入、時間つぶし。
鯛焼き最中、ちゃんと焦げ目がついてる・・・買わない。

あん食 
これ、話題なヤツだ、かなり迷ったけど買わなかった。
帰ってから、買っておけば良かったと後悔した。

エヴァ 
そろそろホームへ・・・エヴァ新幹線、もう終わっちゃいましたね。
次はキティちゃんだとか、さすがにオジサンはちょっと恥ずかしいぞ。

ミニチュア 
待合室に姫路城のミニチュアがありました。

500系こだま 
こだま755号は500系、4列シートなので狭さは感じません。

晩酌中 
姫路の酒、神結酒造の純米酒、辛過ぎず甘すぎず、バランスが良くて美味でした。

広島駅にて 
広島駅での長時間停車(28分も停まります)を利用して先頭へ。
500系、やっぱりカッコいい、あと何回乗れるのかなあ。

小倉駅 
22時13分、小倉駅に到着、かしわうどんはもう閉店していました。
在来線に乗り換え帰宅しました。(おしまい)

スポンサーサイト

上方落語と石の宝殿~その20 姫路モノレールの遺構

Posted by オトーサン on   0 comments   0 trackback

ちょっと寄り道しながら、ぼちぼち歩いて姫路駅へ。

鵰門 
鵰門(くまがたもん)跡、枡形になってますね。

お菊神社 
お菊神社、皿屋敷のお菊さんが奉られています。
お菊さんの井戸は、姫路城内にありましたね。

本殿 
お菊神社の建立は江戸時代中期、浄瑠璃など「播州皿屋敷」が流行った頃らしい。

藤の花 
桜の花が散ったばかりなのに、もう藤の花が満開でした。

オブジェ 
お菊神社から南へ下ると、ミニ公園内に謎のオブジェが立っていました。
1974年に廃止された姫路モノレールの橋脚です。

姫路駅を背に西へ歩いてみます。

大将軍駅跡 
ミニ公園の西側にはカーブした形の空地、ここ大将軍駅の跡ですね。
大将軍駅の入っていたビルは、最近取り壊されちゃったようです。

レールが見える 
さらに西へ行くと、コンビニの背後にレールが・・・
ロッキード式モノレールの特徴、軌道上の鉄レールも残っています。

船場川沿い 
船場川沿いに立つ2本の橋脚。

山陽電車を跨ぐ 
姫路駅方面へ戻ると、橋脚がニョキニョキ残っていました。
山陽電車の高架を跨ぐため、かなりの高さがあります。

以前、モノレール遺構はなくなっていたと書きましたが、間違ってました。
姫路駅前こそ何もありませんが、駅から少し離れるとまだ沢山残ってました。

次は是非、手柄山へ行かないといけませんね。

もうすぐ姫路駅 
橋脚に沿って姫路駅へ。

飲み屋などが入る雑居ビル?と一体化していますね。
レンガ色ビルの橋脚が最後の橋脚、この先はもう姫路駅です。

商店街 
山陽電車に沿った商店街を通って、山陽百貨店に入りました。

鶏卵饅頭 
山陽百貨店の地下食品売り場、鶏卵饅頭の実演販売中。

自宅のおみやげ用に購入、帰宅後食ったけど、パサパサしてイマイチ。
こんなのは、焼き立てをすぐにその場で食うべきでした。

姫路駅前 
空中歩道を通って姫路駅へ。

最後に姫路城 
最後にもう一度、姫路城を眺めました。(つづく)

海峡を歩いて渡って火の山へ

Posted by オトーサン on   6 comments   0 trackback

お腹も満たされたので、腹ごなしも兼ねて、
関門トンネル人道を通り、関門海峡を徒歩で渡って、火の山展望台へ行きます。

決戦場 
定食屋のすぐ隣が、あの「関門海峡・甘い物対決」の決戦場です。 分かる人しか分かりませんね(^^)

貨物線と火の山 
海峡を通過する大型船と火の山。

人道入口 
関門トンネル人道の福岡県側入口、自転車と原付は20円、歩行者は無料です。

エレベーター 
エレベーターで地下へ。

関門トンネル人道を初めて通ったのは、幼稚園児の頃、爺様に連れられて・・
このエレベーターが、地の底に吸い込まれるようで、ちょっと怖かった。

下関へ 
スタート地点、対岸の下関まで780メートルあります。

自転車も原付も、押して歩かなければいけません。
カメラで監視されていて、こそっと乗ったら、放送で注意されます。

扉 
この扉を開けると、運が良ければ、お魚が見えます。 もちろんウソですよ!

県境 
県境を跨いで山口県に入ります。

義経&知盛 
下関側地上に出ると、八艘飛びする義経さんと、碇を担いだ知盛さんがいました。

坂道 
海峡を見下ろす坂道を、ハアハアと登って行きます。

火の山ロープウウェイ 
山頂まで歩いても登れますが、しんどいので火の山ロープウェイに乗車。

上昇中 
良い眺めですね・・・ゴンドラの中でガイドさんと2人きり、ちょっと緊張。

コンテナ船 
山頂駅の展望台から、海峡を行くコンテナ船が見えました。

漁労中 
航路上に点在する漁船、本船の汽笛が頻繁に聞こえます。
狭い航路、速い潮流、無数の漁船・・・難所ですね。

火の山砲台跡 
海峡を見下ろす山の上ですから、当然こんなのがあります。
旧陸軍下関要塞、砲台跡、監視所などが多く残っていました。

地下トンネル 
コスプレ撮影には良い所でしょう。

ドクダミ 
遺構の周りにはドクダミがたくさん咲いていました。(おしまい)